蜂退治は命がけ|恐怖の危険生物と駆除専門家の戦い

女性

死亡する危険性もある

虫

蜂は全国各地に存在する昆虫の仲間です。蜂の中でもスズメバチと呼ばれる種類は日本で最も恐れられている野生生物と揶揄されるほど危険性が高いです。基本的にスズメバチをはじめ、蜂は自分に危害を加える可能性のある対象物に対して攻撃を加えます。そのためスズメバチに出会っても刺激をしないのが一番の対策方法になります。特に8月から10月のスズメバチに関しては一層の注意が必要です。というのも、この時期はスズメバチの産卵時期にあたり活動が活発化するため大変危険です。もしも蜂の巣を住宅の庭やマンションの敷地内で見つけた場合は、早い段階で蜂を退治する必要がります。素人が行なうと大変危ないため、駆除会社に連絡して退治してもらいましょう。

駆除会社は蜂退治を専門としています。退治するにあたって必要な知識と技術、専門の道具を駆使して的確に、安全に蜂を退治していきます。素人の方でも蜂に対する専門的な知識を持っている人であれば問題はありません。ですが、大抵の人の場合防護服や専門の道具を持ち合わせているということは稀でしょう。簡単な気持ちで駆除作業をしてしまうと、蜂に刺された際にアナフィラキシーショックショックを起こしてしまう可能性があります。アナフィラキシーショックとは、ハチに刺されてしまった際のアレルギー反応のことです。最悪の場合死亡してしまう可能性もあるため十分に気をつける必要があります。駆除専門会社では緊急時の場合、連絡してからすぐに駆けつけてくれます。焦らずにプロが到着するのをまちましょう。

巣を駆除するまでのフロー

作業者

蜂の巣を見つけたら興味本位で近づいたりしないで、ハチ退治専門の会社に連絡しましょう。プロに依頼する方法や、駆除完了までの流れを把握しておくことで慌てないで済みます。

詳しく読む

費用の内容を把握

女性

蜂退治を専門の会社に依頼する時は料金の確認をしておくことが大切です。またその際には、見積書の内容以外にも出張料などの追加料金が発生する可能性もあるため注意しましょう。

詳しく読む

巣が近くにある時のサイン

女の人

蜂は見かけるのに、巣を見つけることが出来ないという場合は、蜂が示しているサインを確認しましょう。合図が見受けられたら退治専門会社に現地調査を依頼してみましょう。

詳しく読む