蜂退治は命がけ|恐怖の危険生物と駆除専門家の戦い

男性

巣が近くにある時のサイン

女の人

蜂被害は8月~10月にかけた秋のシーズンに多発します。冬を迎える前に栄養を蓄えようと、蜂の活動が活発になることが原因として考えることが出来ます。そのため庭に蜂の巣を見つけた際は、危険な時期を迎える前に退治しておくと良いかもしれません。蜂退治を依頼する際には、専門家に頼むと的確かつスピーディーに退治してくれるため安心です。

スズメバチやアシナガバチの幼虫はその他の昆虫を食べて成長します。その際に幼虫から分泌される甘露という成分が成虫のエサになります。ですが秋シーズンは昆虫の数が少なくなります。エサとなる昆虫の数が少なくなると巣が全滅してしまうため、スズメバチたちはいつもよりもその行動範囲を広げるのです。巣には大きい物もあれば小さい物もあります。退治しようにも、その姿を確認することが出来なければどうしようもありません。ですが蜂が示しているサインを確認することが出来れば、近くに蜂の巣があるということを判断することが出来ます。

巣が近くにある時にスズメバチが出すサインとしては、カチカチとした音、蜂の数が急に増える、一定の方向に飛び出す、空中で停止するなどがあります。これらのサインを出しているスズメバチを発見した際には、近くに巣があると考えていいでしょう。その際には無理に近付かないで、駆除のプロに連絡をして現地調査をしてもらうと良いでしょう。最近では現地調査のみであれば無料で行なってくれる会社も増えましたが、一応料金が発生するのかどうかを確認した上で依頼しておくと安心です。